日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

マクドの客の半数は中を開けて異物確認中

異物混入騒動から1カ月が経ったところでマクドナルドのカサノバ社長が公の場で一連の騒動を謝罪した。
b0017844_23414990.jpg
しかし、時すでに遅し。

マクドナルドがデフレ時代の優等生、ともてはやされたのも今は昔。100円のワンコインでハンバーガーが安く食べられただけ。美味しくて食の安全を重視すると、マクド離れが進むことは当然の成り行き。

周りに喫茶店がないので、仕方なく都内のマクドに入った2人連れの中年男が取った行動とは、注文したハンバーガーを開けて異物が混入していないかの確認作業から入った。

その行動を見ていた隣の席の大学生風のカップルが思わず声を掛けてきた。

「ボクたちも見たんです。やっぱり中を見ますよね」

その男子学生はずっと客の行動を観察していたようで、約半数の客は中を開けて確認していたようだ。

その中を確認していた客は恐らく、異物が混入していたらこれ幸いに写真を撮ってSNSにアップするのだろう。

ということは、今来ている客は、本来の客ではなく、大騒ぎしてやろうと腹に一物を持った客ということになる。

「中に何か入っていないか。こんな雰囲気で食べていると美味しくもなんともない。美味しく食べるという次元を通り越している。やっぱり大人はモスだな」と中年男たちは悟った。


[PR]
by tetorayade | 2015-02-06 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)