日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

アベノミクスの化けの皮が剥げる夏以降に株価は1万円を切る

シンクタンクの関係者は夏以降、アベノミクス効果の化けの皮が剥げた時に、いよいよ株価が1万円を切る、と予測する。

「今は原油価格が下がっているから助かってうるようなもの。原油安がなければアベノミクスは崩壊している。アベノミクスが成功している、と感じている人はいない。景気が上がっているというのはまやかしでしかない」

折しもディズニーランドが入場料を6400円から6900円へ値上げすることを発表した。劇団四季もアラジンの公演から9800円から1万1000円に値上げする。

デフレ経済から脱却するには、物価が上がることは避けられない。物価が上がるから給料も上がるわけで、物価が下がり続けて給料だけが上がるなんて考えられない。

ディズニーランドはマニアのリピータばかり。加えて、海外からの観光客も多い。500円値上がりしたからといって、行くのを止める人もいないだろう。

物価が上がって喜ぶ庶民はいないが、それ以上に給料が上がれば問題はないのだが。



[PR]
by tetorayade | 2015-02-02 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)