日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ネット監視社会でストレスがMAXに達している警察官

ネット時代は監視社会ともいわれている。

何かあるとスマホで写真を撮ったり、動画を撮影してSNSなどに投稿する。かくいうかきなぐりもその典型例だ。

ネット監視社会で一番悲鳴を上げているのが警察官だったりする。

昔は非番の日に酒も飲めば、パチンコもやり、風俗にも行った。それらがことごとくできなくなっている。

制服を脱いでも警察官は警察官だ。顔もある程度割れているので、今の時代は羽目も外せない。そうするとストレスも貯まりっぱなしになる。

警察官だってキャバクラにも行きたい、ソープにも行きたい。

警察の不祥事が多いのも、ストレス発散ができないことも一因かも知れない。

この警察官であることのストレスは本人だけでなく、家族にも伝播する。

例えば、ゴミ出しの仕方までチクリが入り、家族にも品行方正が求められる。

聖職者といわれる教師もしかり。

ただ、当たり前のことが当たり前に出来ていないから、問題視されるわけで、きちんとできていれば、そんなことも起らない。


[PR]
by tetorayade | 2015-01-11 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)