日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

安倍長期政権で拉致問題に劇的変化か

自民300議席確実とかの観測記事が踊る選挙前1週間。

野党は大義なき解散と批判するしかないのは、万が一政権が交代しても民主党に政権担当能力がないことは実証済み。分裂して、人材面でも国を任せられる議員なんか一人もいないので、「政権を取る」という勇ましい声は聞こえて来ない。

維新の党にしても橋下代表の神通力も消え失せ、消去法で行くと自民しか残らない。

自民党が大勝した暁には安倍首相もやらなければ、ならないことは山積している。交渉の途中で小休止状態の拉致問題や北方四島の返還問題を解決していかなければならない。

長期政権の下、安倍首相は血眼になってこの問題に取り組むはずだ。

総連本部のビルに関しても水面下では相当な動きがあるようだ。落札したマルナカには圧力をかけられ、何もいえない状態だが、近々劇的なことが起こると、というから注視しなければならない。

そもそも、見栄晴に似てきた民主党の海江田代表ではそんな交渉は期待できない。





[PR]
by tetorayade | 2014-12-09 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)