日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

小学校の卒業名簿8万6400円也

東京在住で50代の大手商社勤務の人が小学校の同窓会をやりたくなった。きっかけは、その人の部下が小学校の同窓会をやった話を聞いたこと。準備期間に1年余りをかけ約60人が集った。

話を聞いているだけで、自分のことのように懐かしさと、楽しさが伝わったためだ。

やると決めたら一人ではできない。

仲の良かった友達に「一緒に幹事をやらないか」と声をかけた。

「でも、名簿なんかないぞ。どうやって声をかけるんだ」と尻込んだ。

すると、すでに手筈は整っていた。

「名簿屋があるんだよ。大学ならほぼ100%集まっている」

しかし、小学校の名簿は、さすがの名簿屋でも持っていないのだが、そこは餅は餅屋。同業者のネットワークを駆使して探し出してくる。

そして、遂に小学校の卒業名簿を探し出してきたのだ。

名簿代は8万6400円。

苦労した分だけ、値段が載せられている。

いくらんんでも高い。

値切って5万4000円にしてもらった。それを言いだしっぺは自腹で買った。

そこは大手商社の部長。年収1800万ならこれぐらいは、小遣いの範囲で支払える。

クラスは4クラス。実家の住所に案内をかけ、何人に連絡がつくか、今からワクワクしている、という。



[PR]
by tetorayade | 2014-11-28 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)