日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

引っ越してきた隣家の旦那は夜中2階から立ちションベン

今年の初夏、都内の中古一戸建て住宅に30代の若夫婦が引っ越してきた。

隣家に住むおばあちゃんの耳に、痰を吐く時の音やくしゃみの音が聞こえてきたのが最初だった。気になる“騒音”だった。

ある日、おばあちゃんは引っ越してきた旦那が、自分の庭先で境界線のブロック塀に向かって立小便しているところを目撃してしまった。

夏になると小便のクサイ臭いがするようになった。

一番我慢がならなかったのは、隣家の2階から捨てられた使用済みのコンドームが、おばあちゃんの庭先に落ちていたことだ。それ以外にもお菓子の袋を2階から捨てたものが庭に落ちてきていた。

さらに、衝撃的だったことが、夜中、隣の旦那は2階から立小便をしていたことだ。

常識外れの連続におばあちゃんの堪忍袋の緒も切れた。

かといって、隣に文句をいいに行く勇気もない。

まずは、弁護士に相談して善後策を考えるようだが、隣家のトラブルは大変だ。


[PR]
Commented by おほほ at 2014-11-19 06:44 x
隣人がベランダで吸うたばこの煙がとても迷惑でした。洗濯物は臭くなるし、窓を開けていると部屋にも入ってきます。ある日、隣人が吸いだしたのを機会にベランダから身を乗り出して、無言で思い切り睨んでやりました。それから一月後に隣人は引っ越していきました。
by tetorayade | 2014-11-19 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)