日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

墓石営業電話の怪

かきなぐりネタが届いた。

午前9時過ぎだった、という。

1本の営業電話がかかってきた。金融商品の勧誘だった。

そのまま切るのもと思って、つい、イタズラ心を出して、「今父親が死んでそれどころではない」と断りの理由を付けた。

それから2時間ほど経って、また1本の営業電話がかかってきた。

すると、今度は墓石屋からだった、という。

一瞬単なる偶然なのかと思ったそうだが、墓石屋なんてそうそう営業電話なんかかかってこない。

これは電話セールスの会社でネットワークが組まれているとしか思えない。

電話セールスというのは98%ぐらいは断られるのではないだろうか? その中でちょっとでも何か役立つ情報、つまり今回のように家庭にご不幸があった場合、葬儀はともかく、その後の仏壇や墓石などが必要になってくるわけで、これこそピンスポット情報である。

必要とされる可能性が高い方へ営業した方が断然効率がいい。

電話セールス会社同士で情報を共有しているのか、週刊新潮あたりでこの仮説を検証して欲しい。


[PR]
Commented by 通りすがり at 2014-11-20 00:16 x
裏金融は何社も違う名前の裏金融会社を持っておる
それと同じ
Commented by 隠居生活 at 2014-11-20 10:39 x
遠い昔、日本◯◯センターの通販で商品を買ったのだが、数年後とある金融業から◯◯センターでの情報と全く同じ個人情報が書かれた用紙が届き、署名捺印すれば借財出来るようになっていた。
後日、◯◯センターへ、其のようなものを送らないよう電話し、二度と届く事は無くなったのだが気分の良いものでは有りませんね。
by tetorayade | 2014-11-20 00:01 | 社会ネタ | Comments(2)