日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

1日3回駐禁を貼られた哀れな自動車セールスマン

2日連続で職質を受けた人がある一方で、1日で3回駐禁を喰らった人もいる。

都内のカーディーラーに勤める営業マンのAさんがその人。

Aさんは新車の納車に顧客のところに向かった。新車は販売したAさんが運転。帰りに車が必要になるので、Aさんの車をサービスマンのBさんが運転していた。

顧客のところに到着して、新車は車庫へ、Aさんの車は顧客の自宅前に路駐していた。家に上がってお茶をごちそうになっている隙に、駐車違反のステッカーを貼られていた。

ちょっとした気の緩みだった。

ついていない、と思いながら、納車の帰りに遅い昼食を取るために街道沿いのラーメン屋へ向かった。駐車場が満車で道路に止めた。そこはみんな路駐しているので安心していた。

食い終わって車に戻ると、また駐禁のステッカーを貼られているではないか。自分のまいた種に怒りの持って行き場がなかった。

〆は夜だった。

当たりを付けていた顧客から「カタログを持って来て欲しい」という電話が入った。駐車場を探したが近くになかった。Aさんはカタログを持参するだけのつもりだったので、家の前に止めた。

ところが、いきなり商談となり、終わったのは2時間後だった。

車に戻ると3度目の駐禁のステッカーが貼られていた。

業務上とはいえ会社が駐車違反代を負担してくれるわけがない。

このディーラーの所長は「どんあことがあっても駐車場に止めるように」と訓示を飛ばした。

[PR]
by tetorayade | 2014-11-17 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)