日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

子供のイタズラで事故にあったおばちゃん

押ボタン式の横断歩道で小学校1年生ぐらいの男の子がボタンを押した。

ところが、男の子は渡るでもなく、結局は車を止めて喜ぶイタズラだった。その一部始終を見ていた人が最悪の結末の目撃者となる。

イタズラで止まった車が走り出し、50メートルほど走ったところで、飛び出してきた自転車のおばちゃんをはねることになるのだ。

幸い大けがではなかったが、赤信号で止まっていなければ、この事故は起こらなかったはずだ。

今回、子供のイタズラが原因で事故になったが、その責任を問えるわけでもない。ドライバーは常に危険と隣り合わせで運転していることを肝に銘じなければならない。



[PR]
by tetorayade | 2014-11-08 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)