日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ドコモでケータイを紛失した時、保険でもらえるのは中古だった

ドコモのケータイを紛失した人がいる。

毎月500円の保険料を支払っているので、代替え機を無料でもらえるものと、ドコモショップへ向かった。

さすがに同じ機種はなかったが、数機種の中から選んだ。

すると、本体を裸で渡された。新品なのだから箱付きでもらえるものと思っていたのに?と疑問が湧いた。

説明書はビニール袋に入ったものを手渡された。

その場はそれで終わった。

しかし、箱がないということは新品ではないのか?

家に帰ってからもどうしても納得できないので、ドコモのお客様センターに電話を入れた。

「保険に入る時に説明したと思いますが、外側は新品ですが、中身はリフレッシュ品です」

やはり、新品ではなかったのだ。

リフレッシュ品を作る手間を考えたら、新品を渡した方が安いようにも思えるが、ドコモのセコさが垣間見えてきた。

[PR]
Commented by 通りすがり at 2014-10-30 00:06 x
リフレッシュ品なんて言い換えるのがセコイですね。新品の反対語は中古?中古と聞いたらイメージが悪いからリフレッシュ品?変ですね。
by tetorayade | 2014-10-30 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)