日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

最大級といわれた台風19号だが…

今期最大級といわれた台風19号。

関西へは連休最後の13日に最接近した。気象庁の予報を受けてJR西日本は早々と13日の16時以降はすべての列車の運行を中止にすることを決めた。

NHKは13日の夜8時の鶴瓶の家族に乾杯を吹き飛ばしてまで、台風情報に切り替えた。

ところが、どうだ。

沖縄・九州までは強風が吹き荒れたが、関西に接近した時は雨が普通に降るだけ。強風にあおられることもなく、熱帯低気圧状態。

実際に関西の被害もほとんどない。テレビのニュースでは無理して、岸和田で床上浸水したことや、淡路島のホテルの玄関先に泥を含んだ水が押し寄せたことを伝えていた。

そもそも最初に今期最大級と言い出したのは誰だ。

その情報を基にJR西日本は列車を止め、NHKは通常の番組を吹き飛ばして台風番組に切り替えた。

ここまで過敏になったのは広島の土砂災害や御嶽山の噴火、と惨事が続いたためで、早期警戒に方針を切り替えたためだ。

台風18号の時も最大級といわれNHKは朝からずっと台風特番に切り替えた。犠牲になった人も出たが、最大級といわれるほどのものでもなかった。

危機管理のためには空振りも恐れない、ということでJR西は夕方からの列車を止めたが、これは祝日だったために、通勤のサラリーマンが少なかったので文句は出なかったが、これを平日にやっていたら大ブーイングになっていた。

幸い、JRと並行して走る私鉄各社は平常通り運航していたので大きなトラブルもなかった。

ひまわり8号が気象観測を行う来年からは細かなデータを収集するので、より正確な気象予報が行えるということだが、皆が厳戒態勢に出る「最大級」をより正確に伝えてもらいたい。



[PR]
Commented by たまたま at 2014-10-15 00:13 x
被害は少ないに限りますがたしかに拍子抜けだったわけでして。
いつさ気象庁がオオカミ少年になるでしょう。
Commented by おほほ at 2014-10-15 08:02 x
備えは過敏ぐらいでちょうどいい。
以前、石原良純がどこかの番組で、「天気なんて神様の気なんだから正確に分かるわけなんてないだろう!」と吠えていたがその通りだと思う。
気象上、最大級と判断されたんだから何が起きてもおかしくはない。正確にとかいう奴はどんな神経してるんだろう。
当たっても恨み節、外れれば糾弾・・・。
どうせバッシングするくせに。
どんなに精度がいい気象衛星ができてもあくまで宇宙空間から
見ているだけに過ぎない。白黒がカラーにとか、解像度が上がるだけの向上しか望めない。
雨量や被害予測なんて完全にできる訳ないだろう。
ましては、年ごとに地球規模で自然界環境は崩壊しているのだから、前年のデータなどあまり役には立たない。
そんなことも分からないのだろうか?
本当に嫌な世の中だ。
それだけ平和ボケしているということだろう。
Commented by pharmer at 2014-10-15 19:55 x
自然と生きる仕事、航空機による移動が多い者にとって天気予報は当てになるものであって頂きたい。
by tetorayade | 2014-10-15 00:01 | 社会ネタ | Comments(3)