日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

嫁ぎ先が決まったダッチワイフ

処分に困ったダッチワイフのその後だ。

遺族はさっそくオリエント工業のホームページへ飛んだ。そこで発見したのがマニアの交流広場だった。

ダッチワイフ愛好家の目的は、“ただそれだけ”ではなかった。写真を撮って楽しむという別の目的もあったのだ。たとえば、車に乗せて撮るとか。

そういう愛好家にダッチワイフをもらってもらうことを考え、ホームページ上でコンタクトを取った結果、「是非お嫁に下さい」というオファーが届いた。

まさか、特急便で送ることも出来ないので、わざわざ金沢から東京までお迎えに行くそうだ。

人間は死んだら骨しかのこらないが、ダッチワイフは永遠に不滅だ。


[PR]
Commented by たまたま at 2014-10-15 00:09 x
嫁ぎ先の言葉に微笑しました。
大切にされることでしょうね。
偶然週刊誌にオリエンタル工業の製品?女性?がでてました。本当に人間ですね。抱いてみたくなりました。
by tetorayade | 2014-10-14 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)