日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

所持するだけでも厳罰が課せられる改正児童ポルノ法

20歳を過ぎたホールオーナーの息子の話。

仕事にも就かないで遊び惚けているが、会社の役員になっているので、役員報酬は受け取っている。

ある日、偶然、息子の部屋のパソコンを見たところ、児童ポルノの画像を発見してしまった。

7月15日から施行された改正児童ポルノ法では、所持するだけでも1年以下の懲役、100万円以下の罰金が課せられることになった。

ただし、1年間は自主的廃棄を促す経過措置として、罰則は適用されない。

そのニュースを知っているだけにオーナーは慌てた。役員が刑事罰を食らうと営業許可が取り消しになることを恐れた。

息子には「すぐに全部消せ!」と厳命したが、父親の血を引いただけのことだった。趣味まで似るとは口が裂けてもいえなかった。

販売元が摘発されると、顧客名簿を元に、買った客はすぐに割り出すことができる。


[PR]
by tetorayade | 2014-10-04 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)