日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

アベノミクスを実感する株投資家

一般庶民がアベノミクスを実感することはないが、小金持ちはアベノミクスを大いに実感している。

様々なジャンルの飲食店を8店舗ほど経営しているオーナーは、株をやっている。

5000万円を投資して始めた株の時価総額が今は2億円越えをした。アベノミクスが始まってからは時価総額が倍になった。

おカネが増えるとおカネを使いたくなるもので、別荘を買いたい、と言い出した。

ところが、買いたいといっても場所も決まっていない。友人が別荘を持っていて、1週間ほど別荘で過ごすライフスタイルに憧れるようになった。

それ以前なら別荘なんか興味もなかったのに、おカネを使いたくなるのはにわか成金の証。

別荘を買うことを引き留められると、次に買いたいと言い出したのが、新車価格なら2500万円はするベントレー。

このオーナーはケーキ屋、居酒屋、フレンチ、イタリアンとやっているが一番原価率が安いのはイタリアン。

スパゲティーは麺だけなら10円~20円程度。それに具材を加えても200円程度のものを1200円とかで売っている。

そうやって儲けたおカネで株をやってアベノミクスを実感している。

株は上がることがあれば、必ず下がることがある。

このオーナーも当然それは経験済みだが、情報は大事。

行きつけの散髪屋のマスターも株をやっいるが、散髪屋は情報の宝庫である。インサイダーになるような情報も時には入ってくる。

そのためか、このマスターは未だかつて株では損をしたことがない、という。株で儲けた金でアパート経営をしたり、堅実に散髪屋を続けている。


[PR]
by tetorayade | 2014-10-01 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)