日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

御嶽山の噴火は2~3カ月以内に震度6弱の大地震の予兆?

今回の御嶽山の噴火を予知していた火山学者がいた。

地震予知を含め、予知学者は数々いるが、予知しても公に発表されることはない。それは当たっても外れても社会的影響が多いからだ。

毎度、毎度発表して外していたらオオカミ少年のレッテルを張られてしまい本当に当たった時に、誰も行動してくれなくなる。もっとも、外れることの方が多いので、その都度発表されることもない。

今回の御嶽山の噴火は、大地震の前兆だともいわれている。

2~3カ月以内に関東から中部にかけて震度6弱の大地震が起こる、という。

その前に長野、岐阜では震度5程度の地震が起こる。

関東での地震の発生源は房総沖。首都圏にも大きな影響をもたらす。

首都圏に住む人は大地震に備えて準備だけはしておいた方がいい、という。

信じる者だけが救われる、というが地震に備えるなら、この期間は住まないことが一番の安全対策ということになるが、避難することはそんなに簡単なことではない。

[PR]
by tetorayade | 2014-09-30 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)