日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

JR東日本秋田支社は予算の関係でスイカの対応が遅れていた

交通系のICカードが全国共通になって非常に利便性が高まった。

先日、広島へ帰省した時も市内電車はカードに対応していたし、宮島へ渡るフェリーまで使えることに驚かされた。

ところが、先日秋田県へ行った知り合いからこんな写真が届いた。
b0017844_09182239.jpg
この駅はJR東日本の羽後本荘駅で撮影されたもので、スイカに対応していない。スイカを発行しているのはJR東日本なのに、東日本管内の駅で使えないのだ。しかも、この駅は特急も止まる駅だ。

羽後本荘駅に問い合わせて分かったことは、秋田支社はまだスイカに対応していなかった。

理由は口ごもったが、予算的なものだった。

「首都圏から来られたお客様からたまにそういう話はいただきます」

全国でも秋田、青森県は時給が一番低いわけだが、JR東日本秋田支社もその例に漏れず、利用者そのものの数が少ないから、首都圏の駅ほど儲からないのは想像に難くない。

過疎県の悲哀がスイカ対応に出ている。



[PR]
Commented by おほほ at 2014-09-22 07:20 x
スイカに対応していない駅なんて、首都圏内にも沢山ありますよ。行きはスイカが使えても到着時は改札窓口で精算しなければならないとか、地域間によっては行きも帰りも切符を買わないと行けない場所なんて沢山あります。そもそも自動改札機がないんですから。
by tetorayade | 2014-09-22 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)