日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

脱法ドラッグの朦朧状態で会社の金庫からカネを盗んだ支店長

従業員200人規模の会社で支店長が会社のカネを着服した。

カネは社長と支店長以外には開けられない金庫からなくなっていたので、犯人は支店長ということになった。

支店長は脱法ドラッグをやっていた。

それで飲みに行った時に、会社に戻って金庫から100万円ほど持ち出して豪遊していた。

で、本人は全く記憶がない。豪遊したことも金庫からカネを持ち出したことも。

社長以外で金庫を開けられるのは支店長しかいないので「それなら私でしょう」ということになった。

社長は刑事告発しようかと思ったが思いとどまった。

脱法ドラッグをやって心神喪失状態と認定されたら、罪にはならない。

社長は「覚せい剤はやっていないだろうな」と問い詰めたが、それは完全否定した。

社長が刑事告発を思い止まったもう一つの理由は、会社が社会的信用を失うことを恐れてのことだった。

懲戒免職にすることもなく、降格処分という大甘裁定をもらっている。

脱法ドラッグを吸って車を運転中に事故を起こしていることばかりが、クローズアップされているが、記憶を喪失した状態で、会社のおカネに手を付けている輩もいる。


[PR]
by tetorayade | 2014-09-02 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)