日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

駐車場のゲートを壊して逃げたが、防犯カメラですぐに足が付いた20歳の男

事件は大手スーパーの駐車場で起こった。

駐車券を取るとバーが上がるタイプの駐車場だった。

ドライバーは20歳の男性で、半年前に免許を取ったばかりで、その間、ほとんど運転はしていなかった。

超初心者、といっていい。

駐車券を取る時にうまく幅寄せができず、運転席からは手が届かなかった。そこで男は車を降りて、発券機のところへ行った。

この時、超初心者はDレンジのままサイドブレーキも引かずに車を降りたものだから、さあ大変。クループ現象で車が動き出し、ゲートのバーをへし折ってしまったのだ。

超初心者が乗っていた車は廃車寸前のもので、ぶつけても大丈夫な車に乗っていたのだが、任意保険には入っていなかった。

男はバックして逃げたのだが、防犯カメラからナンバーを特定して、男を突き止めた。

ゲートを壊されたスーパーは、ゲートが修理できるまで人員を配置して、駐車券を手渡しする措置を取った。

ゲートの損害から人員配置まできっちりと男に請求する、とスーパー側は怒っている。

まず、任意保険に入っていない車には乗らないこと。さらに、最近はどこにでも防犯カメラは設置されている。駐車場なんかなおさらで、逃げても捕まる。逃げたことで心証も悪くなる。

この男は20歳で二つのことを学んだ。

同じ過ちはしないこと。

[PR]
by tetorayade | 2014-07-08 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)