日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

天満はビニールの入口でなければ流行らない法則

夜の天満は活気がある。ビニールテント方式のオープンスタイルが受けたのがきっかけで、ほとんどの店が入口をビニールで覆っている。そのビニールが取り払われ、いよいよ天満パラダイスのシーズンが始まった。
b0017844_22493188.jpg
これは天満の法則といってもいい。

かつては流行ったちゃんとした店構えの店に全く客がいない。

客の心理としてドアを開けて入るのは、よほど美味しい店以外は、天満では商売できない、という感じだ。

天満ははしごをする楽しさがあるので、オープンでドアのない店の方で、道端までテーブルを並べる店の方が断然客が入る。

これに面白くないのが天神橋筋商店街だ。商店街に飲み屋が少ないこともあるのだが、天満へ飲食の客は奪われている。

東南アジアの屋台街を散策しているかのような楽しさが天満の持ち味だ。




[PR]
by tetorayade | 2014-06-19 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)