日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

音声入力で原稿を書く週刊誌ライター

最近は音声入力を使ってまるまる原稿書いているライト(ライター)がいるらしい。

それだけ音声入力の認識力がアップしたということだ。

ただし、音声入力が誤変換したことをいいことにそれをあえて書き直さず使っているらしい。

例えばおじさんなのに若者言葉で、なんちゃってとか書いてかくと今までの文体とは全く違った自分の文章が書けるらしい。

変換によって文体とか感じ方すべて変わるので、あえてそういう面白さを音声入力によって追求している。

ちなみにこの原稿はすべて音声入力で入力している。

最近はほんとに優秀だ。これもほとんど誤変換なく変化(変換)している。

変換が変化になっていた。

でも、その訂正文をちゃんと変換していた。

キーボード入力よりもはるかに速い。

変換の違いによって面白さが分かるところまでは行っていないが、音声入力原稿入力にも使えることがわかった。

[PR]
by tetorayade | 2014-06-04 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)