日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

心の満足を買えないトップバリュー

イオングループとセブン&アイホールディングスの企業力の差が顕著に表れているのがPBブランドだ。

イオングループは、トップバリューでセブンのセブンプレミアムだが、ネーミングからしてセブンの方がお得感がある。

トップバリューはこれまで何種類か使った。例えば、ラップは確かに安いのだが、薄い。心もとない。入浴剤は色が付くだけ。

それで最近はナショナルブランドを使うようになった。値段は高いが品質がいい。

一方のセブンプレミアムは、安さよりも品質の方を追求した。金の食パンは、食パンの概念を超えた、と好評で高くてもバカ売れしている。

景気の回復と共に、庶民の間でも高くてもいいものが売れるようになってきた。

トップバリューでは心の満足が買えない。

イオングループは小売りは赤字。イオンモールのテナント屋となっているが、いつかはイオンモール商法にも陰りが見えてくるはずだ。

[PR]
by tetorayade | 2014-06-02 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)