日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

値上げしないつもりだった行きつけの散髪屋だったが

行きつけの床屋は仕事が丁寧なのに、値段は独立開業して以来1500円を押し通している。コストパフォーマンスが高いので、平日にもかかわらずいつも混んでいる。

マスターは消費税増税後も1500円を押し通すと宣言していた。

その心意気が素晴らしい。

ところが、きょう行くと値上げする、といっている。

b0017844_21395208.jpg
マスターにどんな心境の変化があったのか?

「散髪だけなら値上げしないでもやっていけると思ったのに、美容商材が上がるので、税理士から1500円ではやっていけませんといわれました」

「商材が上がるのは当然分かっていることじゃないの?」

「そこまで気が付きませんでした」

お客に1500円で散髪を提供したいという一心さが改めて分かる。

「で、いくらに値上げするの?」

「1600円です」

「かわいいじゃない」

「税理士は1700円にした方がいいといったんですが、1600円にしました」

「で、4月からやね」

「いえ、看板を書き換えるのが間に合わないので5月からです」

店内にポスターで告知するだけで客は納得して4月からでも値上げに応じてくれるはずだが、いつまでもお客を第一優先にしてくれる。

だから客足が絶えない。


[PR]
by tetorayade | 2014-03-29 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)