日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

総連本部が欲しければ拉致被害者を返せ!

横田夫妻がモンゴルで孫のキム・ウンギョンさんと再開したのは、何らかのシグナルだと思っていたが、日朝政府間協議の再開だった。

当然、ここでは拉致問題がテーブルに乗ってくるわけだが、今回ばかりは日本の方が優位である。それは、北朝鮮の大使館であり、団結のシンボルである総連本部を人質に取っているからだ。

22億1000万円で落札した四国の不動産投資会社は、「総連には貸さない」と明言しているように、総連は行き場を失うことになる。

金正日が日本人拉致を認めて以降、総連からの離反が進んでいるが、総連本部は最後の砦でもある。総連本部を失えば、総連離れはさらに加速する。

北朝鮮としても総連本部だけは死守しなければならない。

総連本部を失うぐらいなら拉致被害者を日本に帰らせた方がいい、と金正恩が判断するかにかかっている。

安倍首相としても自分が首相の時に拉致問題を解決することを秘めている。

相手は、安倍首相から見れば子供だ。留学経験があるので解放的な一面がある一方で、叔父を平気で粛清する冷徹さを兼ね備えている。何をしでかすか分からない不気味さはある。

政府間協議の前の露払いである局長級会議では、拉致問題と総連本部の綱引きが始まる。

拉致被害者のシンボルである横田めぐみさん他を日本に帰せば、そのバーターで総連本部をくれてやる、という交渉ごとになる。

その判断は安倍首相にかかっている。



[PR]
by tetorayade | 2014-03-22 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)