日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

胸ポケットでケータイを3度水没させた男

人は彼のことを汗かき雄介、と呼ぶ。

確かに昨日、一緒に飲んだ時も額に玉の汗をかいていた。冬でも汗だくだくで毎日のように寝汗もかいていて、布団からは汗と加齢臭で異臭が漂う。

汗かき雄介が本領を発揮するのは、夏場だ。

ケータイはいつも胸ポケットに入れいている。

ある夏、ドコモの新機種ケータイを買った時のことだった。

買って3日目で突如電源が落ちた。

すぐにドコモショップに走ったが原因は不明だった。

買ったばかりだったので、すぐに新品と取り換えてもらえた。

ところが、数日するとまたもや電源が落ちた。

同じ機種で故障するので、これは機種自体の初期不良が起こっていると思い、再びドコモショップに駆け込んだ。

そして、こう噛みついた。

「ほかにも同じ症状が起きているはずだ。全国で同じ症状が出ていないか、すぐに調べてくれ」

調べた結果、同じ症状は出ていなかった。

再び、新品と交換してもらった。

二度あることは三度あるとは、まさにこのこと。

数日して、また電源が落ちた。

怒りを通り越して呆れた。

これまで調べても原因が特定できなかったが、三度目でやっと原因がつかめた。

「お客様、この隙間から汗が入っていますね」

汗かき雄介は、夏場ともなると体中汗だらけで、ワイシャツはシャワーを浴びたようにずぶ濡れ状態になる。

胸ポケットには汗だまりができるほどで、胸ポケットでケータイが水没していたのだ。

日本ひろしといえども、胸ポケットでケータイを水没させた人はいないだろう。

それ以来、防水ケータイを持つようになった。

汗かき雄介の右に出るものは果たしているのか?

[PR]
by tetorayade | 2014-03-15 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)