日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

会長認知症説が流れる

人の口には戸を立てられない。

ある事業計画を巡って、会社の会長が認知症にかかっているのでは、との噂がメディア関係者の間で流れている。

新規事業計画は、記者を呼んで華々しくぶち上げたのだが、一向に着工する気配がない。予定では基礎工事も終り、建物を建てている段階なのだが、更地のままだ。

それに疑問を感じたあるライターが本社へ進捗状況について連絡を取ったが、「責任者が不在」と1カ月経ってもなしのつぶてだ。

合同事業なので、周辺取材も試みると様々なことが分かって来た。

会長自身事業計画にGOサインを出しているにも関わらず、ちゃぶ台をひっくり返したような結果に、自分が合意したことを忘れてしまっているのではないか、との憶測から、認知症説へと向かうわけだ。

年は年だが、まだまだ元気でボケる気配はない。

計画は白紙に戻っているようだが、それは正しい判断である。しかし、その一方で、会社の信用不安を招くことのほうが怖い。
[PR]
by tetorayade | 2014-02-20 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)