日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

善意が仇になった雪道からの脱出

東京は2週に亘って大雪に見舞われた。

雪による悲劇が起きたのは14日の金曜日だった。

小平市内でノーマルタイヤを履いた軽自動車が小さな坂を登れず、立ち往生していた。

それを見た近所の人たちが善意で車を押してくれた。

難を逃れた運転手は、車を降りて礼をいいにいったが、一瞬のうちに顔色が変わった。

押してもらったのはいいが、ボディーがぼっこりとへこんでいたのだ。

運転手は20代の若者で、車を押したのは中年男性4人だった。

第三者の善意が車をへこましたから、運転手も「ありがとうございました」どころではなくなった。

「押してくれと頼んだわけではない。弁償しろ!」

こうなると売り言葉に買い言葉。

親切心が仇とは、まさにこのこと。

車は15年落ちの古い代物だったが、運転手の腹の虫は納まらない。

近くのディーラーまで行って、修理代がいくらかかるか、4人と示談交渉となった。

4人は善意の第三者。親切にしたことを弁償といわれれば、「雪道をノーマルタイヤで走る方が間違っている」と大喧嘩へと発展。

事態は収拾がつかなくなり、警察を呼ぶ羽目になった。

美談から一転、修羅場になった今回の一件、警察も事故扱いにならずお手上げ。

その場はやがて解散となるが、結局、どうなったかは分からない。

これは、行列ができる法律相談所ネタだ。

弁護士軍団のジャッジやいかに。
[PR]
by tetorayade | 2014-02-18 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)