日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

鳩山元首相の息子紀一郎はロシアの交通事情にも詳しい研究者だった

ソチオリンピックが開幕した。

それに先立ち、ひるおびで、ロシアの交通事情がいかにひどいかを解説していた。とにかく交通事故が多いので、日本人は現地で運転しないように呼びかける内容だった。

ロシアの交通マナーはまず、譲り合いの精神がないために引き起こされるわけだが、交通事故を起こした場合にどちらが悪いかの証拠を残すために、ドライブレコーダーの普及率が高く、ほぼ9割の車に搭載されている、という。
b0017844_1441861.jpg

この時、ロシアの交通事情を解説していたのが、東大工学部で社会基盤学科の講師を務める鳩山紀一郎だった。

鳩山とは、特徴のある苗字だ。

紀一郎は先祖を連想させる名前だ。
b0017844_1435348.jpg

予感は的中した。

やはり、鳩山由紀夫の長男だった。

東大工学部卒。専門は交通工学。

モスクワ大学でも研究員として留学経験があり、2010年8月には、モスクワにおいて同地の渋滞緩和対策の提言を発表、ロシア語で書かれた書籍「モスクワ 巨大都市の交通問題」を出版。

ロシアの交通事情にも長けていた。

間違っても政治家の世襲をしないこと。このまま研究者で生きていくがいい。
[PR]
by tetorayade | 2014-02-09 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)