日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

ハプニングが続出した別大マラソン

別府大分毎日マラソンは国内外のトップランナーだけでなく、一般市民ランナーも含め3000人あまりが参加する
。それでいて世界陸上選手権の選考レースでもある。

そんな由緒ある大会だが、イチビリはいる。一般参加の464番。
b0017844_22574758.jpg

スタートからテレビに映ろうとダッシュを図り、放映から3分、コマーシャル明けまでは何とか持ったが、苦しさ全快だ。

TBSの赤坂5丁目ミニマラソンでダッシュする安田大サーカスの団長のポジションだ。少しでもテレビに映れて本望かもしれないが、これはバラエティー番組ではない。

今年の別大マラソンはハプニングの連続だった。スタート直後は濃霧で、中継バスからの映像ではほとんど選手が見えない。
b0017844_22583013.jpg


ハプニングはまだあった。53番のペースメーカーの後ろを走る禿頭の外国人選手。
b0017844_2258956.jpg

よく見るとゼッケンが取れている。

取れたゼッケンを握り締めて走っていたが、なぜ、取れてしまったのか?

昔のように安全ピンでは留めていない。

あまりにもの湿気で取れてしまった?

そんなことが気になる別大マラソンだった。
[PR]
by tetorayade | 2014-02-03 00:01 | スポーツネタ | Comments(0)