日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ちちんぷいぷいのロザンの道案内しようで、外人がスカイビルを目指す理由が解明

毎日放送のちちんぷいぷいの中で、一番好きなコーナーといえば、ロザンの道案内しようだ。

これは大阪駅前をロケ地にロザンの2人が駅前で困っている人に道案内する、という至って単純な内容だ。

菅ちゃんが独自の菅ちゃん英語を駆使して、外人を道案内することろが、見もの。

どこから来たのかは、一言「フローム?」でこれが結構通じる。

次にこれからどこへ行くかは「ナウ、ウエア、ゴー」。

ナゼ、大阪を選んだかは「ワイ、チューズ」。

毎回、外国人を道案内する中で、必ずといっていいほど出てくる行き先がスカイビルだ。

本当に、スカイビルを目指す外人が多いと思っていたら、産経新聞の夕刊に掲載されていた記事がこれだ。

b0017844_00152443.jpg
外国人旅行客のバイブル的な観光案内にスカイビルが世界遺産級の建物と紹介されたことから、外国人観光客が急増している、ということが分かった。

スカイビルに初めて行ったのは、皇太子殿下がご成婚して、当日が祝日になった日だった。

その後2~3回行ったが、梅田から遠すぎて行くことはない。

行ったことはあるが、屋上庭園に上ったことはなかったので、機会があれば行ってみるか。




[PR]
by tetorayade | 2013-11-17 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)