日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

スーパーの韓国フェアが中止に追い込まれる中で韓流テーマパークの建設

日韓首脳会談も開かれないまま10カ月以上が経とうとしている。

朴大統領の就任演説が日韓の溝をさらに深めたことが原因である。日韓関係は改善されることもなく、日本でもヘイトスピーチで在日韓国・朝鮮人に対して極めて差別的で、日本人ですら耳を覆いたくなるデモが続いている。

例年なら、大手スーパーのイオンなどは毎年10月ごろに韓国物産展のフェアを開催しているのだが、右翼の街宣車が本社に駆けつけてガナリ立てるものだから、中止に追い込まれた模様だ。

竹島問題、従軍慰安婦問題などで韓国側が「われわれが間違っていました」と謝ることは考えられない。朴大統領が勇気を持って謝罪すれば、国賊どころか、暗殺されるだろう。

ということは、今後も韓国へ旅行する日本人観光客も減るだろうし、日本人の韓国に対する憎悪も増幅される。

マルハンが新世界に建築する韓流テーマパークに対して、9月に一般市民を名乗る数名のグループが反対のアジテーションを繰り広げた。

1年後のオープンを予定しているが、日韓関係がさらに冷え込んだ状態でのオープンを迎えることになる。

スーパーや百貨店が、右翼の街宣活動を恐れて、韓国フェアが開けない最悪の環境の中で、韓流テーマパークの開業だ。

あの場所は呪われた土地でもある。

今からでも遅くない。

水と魚の関係は韓国、中国以外でもあるはずだ。
[PR]
by tetorayade | 2013-10-23 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)