日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ラブホ売買の決め手は隠しカメラの存在だった

関東のとある地区でラブホの売買が成約した。

建物はもうじき30年になる古さで、部屋数も25室を下回るものだった。

前オーナーの希望売却価格の半額強で落ち着いた。

前オーナーは2人の社長に声をかけていたが、一人目の社長が即決した。その理由が単純明快だった。男の欲望を叶えてくれる設備があったからだ。

都市伝説ではラブホには隠しカメラが取り付けられている、という噂が絶えず流れている。パチンコ店が遠隔操作している、というのと同じ類だ。

ところが本当に隠しカメラは存在したのであった。

ホテルにはオーナーしか入れない部屋があった。

そこには、監視カメラのモニターが部屋の数だけ並んでいた。パチンコ店の事務所とそこは一緒。

オーナーは個人の趣味で隠しカメラを仕掛けているのだが、建前は部屋で殺人事件や窃盗事件があった時の防犯用。

オーナーの仕掛け方が凄かった。

一部屋に20箇所ものピンホールカメラを取り付けていたのだ。

普通の防犯カメラなら、サイズはばれるほど大きいが、そのカメラ1台でパーン、チルト、ズームが行えるのだが、ピンホールカメラにはそんな機能はない。

その分台数が増えた結果1室に20台となった。

特に鏡の裏は定番の取り付け箇所らしい。

で、この監視カメラ部屋を見て、社長は即決したわけだ。

この社長、ラブホの流出DVDをわざわざ買っていたほどの、盗撮ものマニアだった。

DVDではどうしても映像や音質に難点があった。

それをリアルタイムで見れるのだ。

で、ラブホのほうもそこそこの収益を上げているので、こんな安い買い物はない。

パチンコの遠隔操作は営業取り消し対象になるが、ラブホの隠しカメラはほぼ見つかることもなく、盗撮してホテルの経営者が逮捕された、というニュースは聞いたことがない。
[PR]
by tetorayade | 2013-09-04 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)