日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

地元の夏祭りでも市民からシカトされた菅直人

地元の夏祭りに国会議員があいさつがてらに顔を出すことはよくあることだ。

東京・府中市にある大国魂神社の夏祭りに顔を出したのが、地元選出の菅直人元首相だ。

昨年暮れの総選挙では、首相経験者でありながら選挙区で前代未聞の落選。比例で何とか復活した。地元でもまったく人気がないことを堂々と証明してくれた。この時点で議員を辞めるべきだった。

この祭りには自衛隊のブースもあった。

そこから聞こえてきた会話が凄かった。

菅直人がSPを引き連れて神社にやってきた。その姿を確認すると…

「お~、菅来た、菅来た」と元最高司令官のことを呼び捨てである。

彼らには福島原発の爆発事故の時の対応の記憶が蘇ってきているのであろう。その時の指揮・命令に不満があったからだろう。呼び捨てである。

それだけではなかった。

「あいつのせいで苦労させられた」

「あいつのせいで給料が下がった」

愚痴がこぼれる。

市民の反応はもっと冷ややかだった。

普通なら、菅直人を囲むように輪ができるものだが、みんな無視。

握手を求める者もいなければ、一緒に写真を撮る人もいない。

こういう洗礼が一番本人にはダメージになるはずだ。

民主党からは離党勧告が出される直前まで行ったが、大甘な処分で勘弁してもらった。

民主党のイメージをことさら悪くしたA級戦犯は地元でもシカトされ、ここらで議員辞職する腹をくくったらどうだ。

晩節をこれ以上けがさないために。
[PR]
Commented by saheizi-inokori at 2013-08-11 09:06
まったくだ!
by tetorayade | 2013-08-11 08:57 | 社会ネタ | Comments(1)