日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

甲子園初出場の夢がついえた広島新庄

広島新庄VS瀬戸内。

高校野球の広島大会の決勝戦にようやく決着がついた。

因縁の対決に、またしても新庄は雪辱を果たすことができなかった。新庄が勝てば初出場だっただけに、悔やまれる。新庄が勝てば絶対に甲子園に駆けつけるつもりだった。

28日に行われた決勝戦は9回を終わっても0-0。

延長戦に突入したが15回を終わって0-0となり、中1日置いて30日が再試合となった。

今日の試合は結果しか知らないが、1-0の投手戦だった。

新庄はプロのスカウトが注目する左腕がここまで踏ん張ってきた。

新庄は母校でもなんでもない。

なのに応援するのは、知り合いの息子がサードで出場しているからだ。

準決勝ではその息子のタイムリーで弾みがつき、地元新聞には息子の名前が見出しを飾り、写真まで掲載されていた。

親にすればこんなうれしいことはない。自慢の息子だ。この新聞は家宝だろう。

その喜びを甲子園で分かち合いたかった。
[PR]
by tetorayade | 2013-07-31 00:01 | スポーツネタ | Comments(0)