日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

テキヤの当てものに当たりくじはないのは常識。それを警察が実証

テキヤの当てもので、何割の人が1等の当たりくじがあるものと思い込んでいるのだろう?

はなっから当たりくじなんか存在しない、と考えるの普通だ。

外れくじばかりだとしても、残念賞はもらえる。ま、子供のお楽しみという程度で、目くじらを立てるほどのことではなかったが、テキヤの当てものの存続を揺るがすような事件が大阪で起こった。

神社の縁日に出ていたテキヤの当てもので、1等のゲームソフト欲しさに、気がつけば1万円も突っ込んだバカがいた。

1回300円だから、33回ほど引いたことになる。

それで、男が警察に訴えたものだから、警察も動いた、というではないか。

で、警察が張り込んで、100人近くの客が1回も当たりが出なかったことを確認して、踏み込んだ。

その結果、当たりくじが存在しないことが分かった。

テキヤの男はすんなりと認め、1日10万円ほど稼いでいた、という。各地のお祭りを転戦していくわけだから、ボロイ商売だ。

やはりというか、分かりきっていたことが、証明されたわけだが、テキヤにすれば営業妨害だ。

これから当たりくじは必ず入れる、というよにテキヤ業界が改革するとも思えない。
[PR]
by tetorayade | 2013-07-30 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)