日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

日本人の料理にはつばを入れる中国の飲食店

中国人については、もう何も期待することはないが、中国人が中国人を騙すほど民度が低い国民である、ということが分かってきた。

それは日本観光での出来事。

中国人のツアーは中国人のツアコンが付くのだが、自分が稼ぐために特定の店に連れて行ってそのバックマージンを貰っている、というが、それは日本人でもやっていることでそんなに驚くことではない。

まったく知識のない中国人を中国人が鴨っていることが問題だ。

韓国人が経営している免税店に連れて行き、日本製の家電を買わせるわけだが、免税店より、ヨドバシの方がはるかに安いのだが、それは団体行動しかできないなどと言葉巧みにそういうところへは連れて行かない。

自分が稼ぐためなら良心はまったく痛まない。

中国人はこの程度の国民だから、これが反日に向くともっと酷い。

反日デモで日本企業が襲撃に逢ったことは記憶に新しいが、反日は日常でも深く静かに潜行している。

日本人が多い上海や北京では、飲食店で日本人客と見ると、料理につばを入れているところが結構ある、という。

見えないところで何をされているか分からない。

中国人にいわせれば、中国人のつばは最高の調味料とでもいうのだろうか。

日本では嫌いな同僚のお茶に雑巾の絞り汁を入れることがある。元同僚は実際その被害に逢っていた、というが、嫌われる奴はどこへ行っても嫌われる。

雑巾汁はお腹を壊すが、つばならまだましか。

そんな問題ではない。

新潮、文春にその辺のレポートを期待したい。
[PR]
by tetorayade | 2013-03-21 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)