日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

年間600万円のタクシー代を自腹で

都銀の元支店長と話をする機会があった。

その支店は女子行員の横領で大問題になり、新聞・テレビを賑わせた。

その後処理のために支店へ転勤となったのだが、それだけではなかった。

これは、マスコミ報道はなされていないが、それ以上の不祥事がその支店には隠されていた。

その処理の方が大変だった。

連日、連夜深夜にまで作業などが及び、銀行を出るのは深夜2時だった。

自宅まで片道2万円のタクシー代はすべて自腹。

タクシー代だけで毎月40~50万円に及び、年間600万円のタクシー代が消えた、という。

1回のボーナスが300万円だから、ボーナスはすべてタクシー代に消えた計算になる。

3時過ぎに寝て、朝、7時には自宅を出た。

まさに、昭和の企業戦士である。
[PR]
by tetorayade | 2013-03-02 00:14 | 社会ネタ | Comments(0)