日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

納得できない肉匠 なか田のカレー

ナンバの「肉匠 なか田 本店」である。

焼肉屋にあって焼肉屋ではない。
b0017844_0414610.jpg

それはこの肉を見て一目瞭然だ。

しかも、この店は肉の旨味を最高の状態で味わうために、肉に振るのは塩のみ。
b0017844_041595.jpg

この塩も肉の部位によって、7種類の塩を使い分ける凝りよう。

肉を塩だけで食べる旨さをこのなか田で教えてもらった。

それは肉に自信があるからだろう。

素材が美味しいから、塩をちょっと振るだけで、肉の脂が塩と混ざり合って旨味に変わる。

こんな体験は初めて。

肉も係りの人が付きっ切りで、最高の状態で焼いて出してくれる。

と、ここまで大満足したのだが、最後に、なんじゃこれ。

〆のフードメニューとして注文したのが、この大人気のカレー。
b0017844_04282.jpg

3人でカレーのほか、肉そぼろラーメン、鮭茶漬けを注文して、それぞれを1人前ずつシェアするので、とリクエストして出てきたのが、このカレー。

てっきり、1人前を3等分した分量がこれだと思ったら、

「これが1人前です」

3口で完食する量が1100円ぐらいもする。

で、肝心の味は「普通」ときたもんだ。

塩だけでいただく焼肉にたいそう感激した後に、このカレーである。

一気に評価が急降下。

サイドメニューは注文しないことだ。
[PR]
by tetorayade | 2013-02-22 01:00 | 社会ネタ | Comments(0)