日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

セブンイレブンは四国に出店して大丈夫か?

セブンイレブンが来年度、初めて四国に進出する、という。セブンイレブンがこれまで、四国になかったことの方が驚きだ。

市場の狭い四国にはファミマとローソンが進出しており、地元のナイトショップいしづちやポプラも根強い支持を受けている。

いまさら入る余地はなかったので、攻め込んでこなかったが、今後6年をメドに520店も出店するのだから驚きである。

都会の出店用地がなくなった、というのが表向きの理由だが、本当は、セブンイレブンのグループ会社であるイトーヨーカ堂の正社員を半分に削減して、リストラにあった人材をセブンイレブンに配置転換する狙いがある。

しかも、セブンイレブンの個人事業主として独立させることが本当の狙いで、イトーヨーカ堂にすれば、人が切れて、コンビニが増えるのだから万々歳な作戦だが、出店予定地が四国というのだから、コンビニに配置転換される人には、地獄の日々が続くことが容易に想像できる。

人口の少ない過疎県で商売することがどれだけ大変か。

商売しようにも絶対的人口が少ないのだから、レッドオーシャンそのものだ。まさに血で血を洗う激戦が予想され、どこかを潰すか、過疎の村を対象に配達までするぐらいのことをやらないことには生き残れないだろうが、それでも人口が少なすぎる。

既存のコンビニにすれば、いかにセブンイレブンを阻止するかだが、コンビには唯一価格競争がないビジネスモデルだが、客を奪おうとすれば価格を下げるか、競合店にはない品揃えをするか、何らかの特徴を出すしかないが、セブンイレブンは四国は社員型のフランチャイズになるので、値段もいじってきそうな予感がする。

パチンコ業界大手のマルハンは四国や山陰には絶対出店しない。

それは人口が少なくて商売にならないからだ。

マルハンに見捨てられた四国で520店舗のコンビニ展開は前途多難だ。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2012-09-10 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)