日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

週刊誌が食いつきそうな松本薫選手の所属先

金メダルを取った松本薫選手が所属する会社が大阪という事だったので、どんな会社か気になっていたところ、ざんぶろんぞさんより、貴重な情報が届いた。

フォーリーフジャパンは健康食品をマルチ方式で販売する会社で、2009年2月にこんなことで、社会面を賑わせていた。

「がんに効く」といった事実と異なる説明で健康食品の購入を勧誘したなどとして、経済産業省は2月19日、大阪府の連鎖販売取引(マルチ商法)業者フォーリーフジャパンに対し、新規勧誘などを2月20日から6カ月間禁止する業務停止命令を出した。

フォーリーフジャパンは錠剤型の健康食品「ファースト・リーフ」を会員登録料3000円、月額1万3600円で販売し、会員がほかの人を勧誘すれば報酬を支払う仕組みを採っている。同社の勧誘員は、目的や社名、商品を明かさず「健康に関する講演会へ一緒に行こう」などと伝えて勧誘活動を行っていた。また商品について、がんに効くほかアトピーが治る、白内障が治るなど実際には認められていない効能を告げていた。これに加え同社は解約を妨げるため契約書類などに「クーリングオフできない」など事実と異なる記載をしていた。

 経産省は、これらの行為が特定商取引法の禁じる「勧誘目的等不明示」「不実告知」などに当たると判断した。業務停止命令と併せて、フォーリーフジャパンが取引停止期間中に事業の譲渡、貸与を行わないよう指示した。

 同社は経産省からの行政処分を真摯(しんし)に受け止めるとの声明を出した。今後は法令順守を徹底して事業を続けるとしている。

 フォーリーフジャパンは2003年に設立。経産省によると、同社のもとで活動する会員は2008年6月時点で個人約11万人、法人約800社で、2008年3月期の売上高は205億1858万円にのぼる。同社によると、2009年1月時点で会員登録数は約52万8000人という。

そういえば、野口みずき選手が所属していたグローバリーは先物取引の会社で、不祥事を起こしたことから、陸上部が廃部になっていた。

いずれ、新潮か文春あたりが取り上げることだろう。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2012-08-02 00:18 | 社会ネタ | Comments(0)