日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

中国人団体客を拒否する動きが

中国人観光客ウエルカムだった旅行業界に異変が起こっている。

中国人団体客の受け入れを中止した代理店が11%で、取り扱いを控えているところが65%にも達している。

実に76%が中国人を受け入れたくない、といっている。

理由は中国人のマナーが悪いからかと思ったがそうではなかった。

旅行代金が5年前の半額近くにまで低価格競争が進んだ結果、1泊2食で5800円という値段をホテルが提供しているケースもある。

日本人客相手では考えられないような価格で、これではさすがに儲けが出ないので団体ツアーの受け入れを5月から中止した。

日本の旅行代理店は現地中国で直接営業できない。

そのため、中国人経営者の旅行代理店が日本向けの旅行を販売しているのだが、超低価格にはこんなカラクリがあった。

団体ツアー客は必ず免税店へ行くことがツアーの中に組み込まれている。

免税店からツアコンや代理店に客が買った金額の何割かがキックバックされる仕組みになっている。格安の旅行を販売しても免税店からのキックバックによって利益が出る仕組みにしていた。

この免税店で売られている商品の中には、3本で1万円というシャンプーなどもある。

こういう高い商品を買わされた中国人が「日本人に騙された」とネットへ書き込んだりしている。

これにマナーの問題が加われば、中国人は迷惑な客となる。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2012-07-10 02:22 | 社会ネタ | Comments(0)