日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ボイスレコーダーを営業マンに持たせサボらせないリフォーム会社残酷物語

○ンテックスという外壁塗装を主体としたリフォーム会社がある。

業界では大手のようだが、新卒で入った人の体験談は悲壮だった。

高級住宅街にグループで営業に行く。行動は個別。

ノルマは1日200軒の訪問。実際に営業しているかチェックするために、営業マン1人ひとりにボイスレコーダーが持たされ、休憩時間以外は録音しっぱなし。

ずるはできない。

200軒チャイムをならして、話ができるのはうち10人できたらいいほう。

この会社はコンプライアンスを重視しているので、悪徳リフォーム会社がやっていたボケ老人を騙して契約するようなことだけはご法度。

従ってセールに行って、アポを取らなければならないのだが、これが高齢者だと大目玉を食らう。

1日200軒回って何件アポが取れたかを支社に帰って報告しなければならないのだが、アポが取れていないとこれが恐怖。

サボることはボイスレコーダーを持たされているのでできない。

アポが取れなければ1カ月休みなしに働く。

同期は全国で1000名。支社には30人。

本人は3カ月でギブアップ。この間3件の契約を取った。1件とれば100万円以上、屋根の葺き替えもするとさらに単価がアップする。

基本給は17万円だが、契約を取った月は50万円に跳ね上がった。

金持ちが住んでいる郊外の住宅街にグループがワゴン車から落とされる。

支社の同期は全員が早々に辞めたが、中途入社組みはハングリーな人が多い、という。

中には10軒ぐらい回れば簡単にアポを取って来る猛者も。

ノウハウは、会社で禁止されている高齢者の年齢制限ギリギリの人を狙ってアポを取る。

平日アポ取りのために回り、休日、決裁権者のいる時に契約を結ぶ。

年寄りにアポを取っても決裁権がない場合が多いので、クロージングに行ったつもりが、話がまったく通っていないことが多々あるので、会社は年寄りにアポを取るのを禁止した。

完全に営業使い捨て会社だ。大量に採用して営業力のある人間だけを残す。

辞める人間は辞めろ。

就職難だから大学を出てこんな会社でも就職してしまうのだろう。

ボイスレコーダーで監視とはビックリだ。

人気ブログランキング
[PR]
Commented by モミタ at 2012-06-25 21:41 x
私が以前いた外壁産業と同じです。

違うのはボイスレコーダーは無かったが、雪の舞う氷点下に朝早く降ろされるくらいか。。。

ある意味精神は鍛えられた。
by tetorayade | 2012-06-23 01:14 | 社会ネタ | Comments(1)