日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

毎日放送の社員のレベルは低い

大阪・毎日放送のディレクター、記者のレベルの低さが相次いで露になった。

まずはバラエティー番組から。

ダウンタウンの浜田と東野が街中をぶらつくだけの緩い番組「ごぶごぶ」で、浜田が切れた。

番組は雨の中、横浜中華街近辺で行われた。

雨が降っている。傘を差して街中を歩かされるだけで、早くも浜田の機嫌は悪い。

2人は中華街へ行って名物の北京ダックや中華饅頭を食べる予定だった。横断歩道を渡れば中華街というところで、ディレクターから「撮影の許可が下りませんでした」と中華街行きが寸前で中止になった。

雨が降っているだけで機嫌が悪い浜田がここから切れモードにスイッチが入る。

ロケは段取りが命なのに、初歩的なミスに相手が局の人間だろうがぼろくそにいいはじめる。

場所を近くの喫茶店に移して番組は進行するが、ここでも年老いたディレクターがラジカセの操作も満足にできず、浜田をいらつかせる。

カセットテープ一つ満足に扱えないのだから、浜田が切れるのも無理はない。

仕事も満足にできない中年ディレクターが多すぎる。

そして、毎日放送の女性記者と橋下市長のぶら下がり会見でのバトルだ。

公立学校の国歌斉唱の時の起立・斉唱を巡り、局では労働組合運動をしている記者が恣意的な質問を繰り返し、橋下市長からコテンパンにやっつけられ、「もっと勉強してから取材に来い」といわれる始末。

必要に食い下がるも橋下市長を論破することはできず、毎日放送のイメージをことごとく傷つけるだけで終った。

「国歌斉唱もできないなら公務員になるな。そんな奴は社歌もない毎日放送へ行け」by橋下市長



人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2012-05-10 00:10 | 社会ネタ | Comments(0)