日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

流される日本人

日本人は雰囲気やムードに流されやすい。

最近でいえば、亀岡で18歳の少年が居眠り運転で登校中の小学生の列に突っ込んで多数の死傷者を出した事故だ。

犠牲になった主婦のケータイに少年の父親から電話があったことで、遺族が電話番号を教えた警察に対して怒りの会見を行っていた。

個人情報保護法を盾に、遺族に無断で教えたことを怒っていたが、少年の父親にすれば遺族に謝りたい、という行動は自然な行為であり、この個人情報保護法という天下の悪法がなければ問題にもされなかったことだ。

加害者と被害者という立場で、加害者は何をしても批判の対象になる。

作家の曽野綾子が個人情報漏洩の違和感として、加害者に被害者の電話番号を教えてはいけないのか?という主旨の特別寄稿を寄せている。

姉歯の耐震偽装問題で建築基準法が厳しくなり、着工件数が激減したことから規制緩和を求める声が建築業界から上がった。

原発しかり。

今はまだ事態が逼迫していないため、原発の運転再開をすることがまるで悪の権化といわんばかりの風潮になっているが、電気代が値上がりし、計画停電が出始めると産業界からまず悲鳴が上がるはずだ。

猛暑でクーラーが使えなくなったら次はわれわれ市民の番だ。

人間とはエゴの塊だからそんなもんだ。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2012-05-07 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)