日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

福岡県警は工藤会を壊滅させる気はあるのか?

福岡県警も工藤会に随分、舐められたものだ。

福岡県警の捜査4課の元刑事が北九州市の路上で撃たれたのは今月19日。犯人は当初から工藤会の仕業以外に考えられないのに、工藤会の本部に警察が乗り込むのに1週間もかかっている。

何を悠長なことをやっているのやら。

そもそも北九州では市民をも巻き添えにする工藤会の事件が頻発しているのに、一向に工藤会を解散に追い込めない。

暴追がらみで多くの市民が犠牲になっているのに、福岡県警は何をもたもたしているのか。解散に追い込めないのは法律の壁があるのか、はたまた組を解散してもアングラになることのほうを恐れているのか?

暴力団を監視するには組織だっているほうが警察としてはやりやすい。

となると、警察の本音は暴力団を壊滅させる気はさらさらないことが分かる。

暴力団がいなくなったら捜査4課も不要な存在になってしまう。

電力会社だって節電を訴えているが、大赤字を抱え込んでいる東電なんかは、本当はガンガン電気を使ってもらって売り上げを上げたいのが本音。

奈良で自家買いで摘発されたホールは、結局不起訴処分となった。

起訴すると面倒なことになるので断念した、というのだが。警察の方が不利になるのか?


人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2012-04-26 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)