日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

生活保護課は左遷ポスト?

定年間近で会社が倒産して職を失ったサラリーマン。年が年だけに普通の会社へ再就職するのは困難を極めた。

軽度の身体障害者だったことから大阪市の臨時職員の職につけることになった。最初は専門分野のコンピュータの知識と経験が活かせる部署に配属されて喜んだのも束の間だった。

そのうち異動があり、回された場所が西成の区役所だった。

部署は住民課でも生活保護の窓口だった。

これが役所でも誰も就きたがらない部署だった。日本で一番生活保護の需給率が高い天下の西成である。麻薬の売人や昼間から堂々と賭博開帳をやっていた組事務所に浮浪者…一筋縄ではいかない人間の巣窟が西成でもある。

西成の場合は、生活保護を申請も不正が多い。ベンツを乗り回しているようなテキヤが生活保護をもらっていたりする。

不正受給しようとする輩との対決が窓口の職員となる。

ただでさえ、曲者が多い中、ヤクザ以上にやっかいなのが在日であるらしい。日本人で書類審査が通らなければ、ごねる人間もいるが、在日の場合は後日代理人が来て「人種差別か!」と恫喝したりする。

面倒なことを何よりも嫌うのがことなかれ主義の公務員である。

それで、在日の場合は日本人よりも倍審査が甘くなる。審査が甘くなるということは、在日の方が日本人の2倍は受給しているそうだ。

そんな窓口へ回された結果、どうなったか、というとノイローゼになって辞めていったそうだ。

役所も臨時職員とはいえ役に立たないと思うと、クビにする手段として生活保護課に島流ししているように思えてならない。

テレビ局は最近やたらと警察24時を放送しているが、生活保護課のドキュメントもビッグダディー以上に面白い絵が獲れるはずだ。

何より、ビッグダディーのようにヤラセではないからだ。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2012-04-17 00:06 | 社会ネタ | Comments(0)