日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

「おしい!広島県」は広島観光の起爆剤になるか

広島県人としてスルーできない。

パロディーかと思ったらどうやらマジの観光キャンペーンだ。

題して「おしい!広島県」。

寝ぼけ眼でこれが「おいしい(美味しい)!広島」に見えた。

広島県観光大使となった有吉弘行が記者会見で新しいスローガン「おしい!広島」を発表して会場が騒然となる場面からPVは始まる。

これがニュースで取り上げられると、マイナスイメージのスローガンに広島県人は落ち込み。「おしい!」に反対する市民のデモ活動に発展する。

「おしいは、おいしいの一歩手前である」ことが理解されないことに観光大使の有吉は悩む。

ここで助け舟を出したのが西城秀樹だった。

「おしいっていいんじゃない。だっておしいはおいしいの一歩手前じゃない。素晴らしいじゃない」

この一言で流れが一気に変わり、おしい!スローガンが広島県民に理解され、たちまち広島県内におしい!ブームが到来する。



PVには広島県出身の有名人が出演しているのだが、大学時代の同級生が出ている。今も地元のローカルタレントとして活躍しているようだ。

それよりも脇を固める友情出演陣の顔ぶれが面白い。うどん県の副知事を務める要潤のほか、前大阪市長の平松邦夫が登場する。

広島の観光地といえば宮島ぐらいしか思い浮かばないし、グルメといえばお好み焼き、お土産といえばもみじまんじゅうだったが、今回たこをアピールしているところが気に入った。

地元で食べるたこの味は格別に旨い。大阪で食べるものと味が全然違う。

たこを食べに広島へ行こう!キャンペーンをやってもいいぐらいだ。

後は、おしい!広島のテーマソングを奥田民生が歌っていたら完璧だった。

ちなみに奥田民生は小学生時代をわが故郷の江田島で過ごしている。

人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2012-03-29 00:04 | 社会ネタ | Comments(0)