日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

日本経済をけん引してきたテレビ事業が重荷に

日本経済をけん引してきた家電メーカーの花形だったテレビ事業が赤字を垂れ流す重たい存在になっている。

デジタル放送に移行するための薄型液晶テレビ特需も一段落してからは、買い替え需要も当分起こらない。

最近では日立がテレビ事業から撤退したばかりだが、パナもソニーもシャープも主力のテレビが作れば作るほど赤字を生む原因になっている。

日本人のプライドから国内でこそ韓国製品は売れないが、海外では韓国製品の独壇場である。

高付加価値として発売した3Dもいつの間にやら消えていった。

高品質で低価格を売りにしてきた日本製品が、その座を韓国メーカーによって奪われて久しいが、家電メーカーは何で生き残ればいいのか?

こうなりゃ、パチンコにその軸足を移してパチンコ業界を立て直して欲しいものだ。

10万円そこそこの機械を出す努力を家電メーカーなら行えるはずだ。

後はパチンコをしたことのない人を魅了するソフトが搭載できれば面白いことになるはずだ。


人気ブログランキング
[PR]
by tetorayade | 2012-02-04 08:49 | 社会ネタ | Comments(0)