日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

白血病を克服していた浅野史郎

浅野史郎元宮城県知事が読売テレビのウェークアップぷらすに出ていた。

久しぶりに見る浅野氏は随分老けて見えた。その理由はすっかり髪の毛が薄くなっていたためで、以前の面影がない。
b0017844_104341.jpgすっかりおじいさんになった写真は撮りそこなったが、てっきりかつらを脱いだんだと思い込んでいた。ヅラネタで料理しようと思って改めて「浅野史郎」で検索していて、本人のホームページにたどり着いた。

そこには白血病のことがつづられていた。

2年前の5月に発症し、2年間病気療養に専念して、ことしの5月から大学の教壇に立てるまで回復している、ということだった。つまり、あのハゲぶりは、抗がん剤治療で髪の毛が抜け落ちた結果だった。

それを読んで白血病にかかっていたことを思い出したが、もう2年前のことだったのか。

体力が回復していったら講演活動やテレビ出演も増やしていく、ということなので、だいぶよくなっている、という表れだ。

本人は大学復帰が活動自粛解禁の10%とすれば、テレビ出演は20~30%解禁の状態のようだ。

体力の回復とともに、頭髪が昔のふさふさした状態に戻ることが、一つの目で見えるバロメーターにもなる。

頭髪の状態もまだ20%前後の回復だろう。

元のフサフサ頭になることを応援する。

人気ブログランキング
[PR]
Commented by りりー at 2011-12-05 11:20 x
快復して、東京都知事選にまた挑戦して欲しいですね~。それくらに元気になって欲しいですね。
Commented by tetorayade at 2011-12-08 00:35
>りりーさん
髪の毛がフサフサになったときが元気になった時。
by tetorayade | 2011-12-05 10:26 | 社会ネタ | Comments(2)