日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

大人気ない白い恋人と子供じみた面白い恋人

札幌土産の代名詞ともいえる「白い恋人」が、賞味期限の改ざんが発覚して問題になったのが2007年8月のことだった。

焼き菓子なので、赤福のようにすぐ傷むものでもない。1カ月ぐらいはサバを読んでいた。

事件発覚後はしばらく営業を自粛。千歳空港から白い恋人が消えた。

賞味期限の改ざんを行うなんて、食品メーカーとしてはあってはならないことだ。食品メーカーとしてはレッドカードに匹敵するぐらいだが、のどもと過ぎれば熱さも忘れるようだ。

白い恋人を製造する石屋製菓が「面白い恋人」というパロディー商品を販売していた吉本興業に対して商標権を侵害された、として札幌地裁に販売の差し止めを訴えた。

自らのコンプライアンスも守れなかった会社が、この程度のことで訴えるとは噴飯ものだ。

吉本が黒い恋人とか、赤い恋人にせず、面白い恋人としたところは、ウイットに富んでいる。

白い恋人が北海道で売られているのに対して、面白い恋人は関西。販売する場所が同一のワゴンならともかく、バッティングするわけでもないのに、差し止めとはちょっとやりすぎだと思う。

北海道人には関西人のシャレが通じない。

かといって吉本に肩を持つわけでもない。

本業の演芸場も撤退が相次ぐ吉本。テレビに吉本タレントを輩出する以外、吉本は他の商売は何をやっても下手糞。

パロディー商品はこうしてケチがついたり、と。

吉本は負ける裁判はやらないか?

人気ブログランキング
[PR]
Commented by 近未来豪遊 at 2011-11-30 06:48 x
吉本は製品化する前に石屋製菓に挨拶をするべきだと思いますね。もっと言えば石屋製菓で製造するぐらいの洒落っ気があれば◯だったんだろうけどね。全国に再度名を轟かすことが出来たみたいで提訴効果は裁判に勝っても負けても数億円。お互いに
Commented by ajisai at 2011-11-30 12:37 x
この記者会見を見たとき、ちょっと、嫌悪感を覚えましたね。
賞味期限の改ざんのほうがよっぽどな行為をしていたのに。
間違えて買う人なんていないし、中身も違うし、まあ~、ようは、出す時に、声の一つぐらい掛けろよってことなのかなあ~~~
まあ~、この社長も度量も小ささも感じました。
といって、別に吉本の肩を持つ気はないですが。
ちなみに、京橋花月、無くなっちゃいましたね~~。
Commented by tetorayade at 2011-12-04 13:58
>近未来豪遊さん
しゃれっ気はない石屋製菓。北海道には不味さを売りにしたジンギスカンキャラメルを作るぐらい頭が柔らかい会社もあるのに。
Commented by tetorayade at 2011-12-04 14:00
>ajisai さん
吉本は漫才以外何してもうまくいきませんね。
by tetorayade | 2011-11-30 00:01 | 社会ネタ | Comments(4)