日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

やっと30年前の水準に戻った大学生の初任給

厚生労働省は2001年の統計調査以来、大学生の初任給が初の20万円越えをしたことが、ニュースになっていた。

改めてたまげた。

いつの時代の話をしているのか、と。

大学を卒業したのは今から30年以上前。大卒新卒の第1期生として入社した会社が初任給が20万円だった。新卒を採用するので少し背伸びしていたのかもしれないが、サービス業なので日曜、祝日は出勤。毎週木曜日が休みだった。

週休2日なんてない時代だったので、それぐらいが当たり前だと思っていたが、やっと30年前の水準に戻ったに過ぎない。

バブル崩壊後日本は「失われた10年」といわれていたものが、気が付けば「失われた20年」に延長している。このまま行けば「失われた30年」と失われたシリーズをどんどん更新していきそうだ。

給料が上がるなんてことは中小企業では夢の世界。現状維持なら御の字。下がって当たり前。こんな夢のない日本では、若者の気力も沸いてこない、というものだ。

バブルさえなければ初任給30万円時代になっていた?

人気ブログランキング
[PR]
Commented by りりー at 2011-11-16 11:17 x
雇用条件がもっと良くならないと、人口が減るばかり~かも。
Commented by 荒木 at 2011-11-16 12:15 x
さらに減るでしょうかね?
15万とか
TTPに参加するならば、
by tetorayade | 2011-11-16 01:49 | 社会ネタ | Comments(2)